illust1268
引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160215/k10010409721000.html 

朝食抜くと脳出血リスク上昇 13年間の追跡調査 

【記事内容】 
朝食を食べるのが週に2回以下の人は毎日
食べる人に比べて脳出血になるリスクが。
36%高まる
という研究成果を、国立がん
研究センターなどのグループが発表しました。

 
国立がん研究センターと大阪大学などの
グループは、岩手県や長野県など全国8つの県に
住む45歳から74歳までの8万3000人を13年間
わたって追跡し健康状態を調べました

 
その結果、朝食を食べるのが週に2回以下の人は
毎日食べる人に比べて脳出血を発症するリスクが
36%高かった
ということです。脳出血は高血圧の
人がなりやすいことが分かっていますが、朝食を
食べないと、空腹によるストレスなどから血圧が
上がることが報告
されています。

無題