gahag-0021721257-1
引用元:http://forbesjapan.com/articles/detail/12235 

フェイスブックは
「人生の幸福度を
下げる」米研究結果
 

【記事内容】
ピッツバーグ大学医学部の研究
チームは、SNSが精神に及ぼす
影響について調査
を行った。

その結果、SNSの利用頻度が
高ければ高いほど、うつ病に
なりやすい
ことがわかった。

博士と研究チームは、米国に住む
19歳から32歳までの1,787名を対象に
アンケート調査を実施。

アンケートの結果、SNSの利用時間は
1日平均61分で、利用回数(複数のSNS)は
週平均30回
だった。

注目すべきは対象者の4分の1以上が、
うつ病になる可能性が高いとされたことだ。
SNSの利用頻度が低い人と比べ、頻度が
高い人がうつ病になるリスクは2.7倍
だ。

また、利用時間が短い人と比べ、1日中
SNSを利用していると答えた人は、うつ
病になるリスクが1.7倍
だった。

うつ病の人がSNSで喪失感を埋めている
可能性もあるが、それがSNSのさらなる
利用を促進し、依存症を発生
させているという。

詳しい内容や全文は『こちら』  

333




2




3333333



5555