PAK93_heyadehitoribocchi20140322_TP_V
引用元:http://www.lifehacker.jp/2016/06/160609social_health1.html 

友達がいないことは
喫煙よりも体に悪い

【記事内容】
ソーシャルなつながりが気分や
職業的な成功だけでなく、身体にも
影響を与えることを証明する数々の
研究を紹介
しています。
1. 友達がいないことは喫煙よりも体に悪い

突飛に聞こえるかもしれませんが、少なくとも
ある研究によると、「ソーシャルなつながりの
不足は肥満や喫煙、高血圧よりも健康に悪い

そうです。

2. 強いつながりは長生きに役立つ

もう1つの研究では、「強いソーシャルな
つながりは長寿の確率を50%高める

ことがわかりました。

3. つながりを感じることで病気の予防になる

研究者はで「ソーシャルなつながりの
影響を受けた遺伝子が免疫機能や
炎症の遺伝暗号も指定することが
示されている


自分がコミュニティの一員であると
感じることで免疫機能が高まるため、
ソーシャルなつながりは「病気の回復を
早めてくれる
」と述べています。

詳しい内容や全文は『こちら

無題


1





2







33