e6ef33ce.jpg

引用元:http://news.nicovideo.jp/watch/nw2364536?news_ref=top_latest
実は「字が汚い人」ほど頭がいいってホント? | ニコニコニュース
 林先生が説く「東大合格者トップ層は字が汚く、2番手グループは字が綺麗」には、私にもなんとなく実感があります。その昔、中学受験塾や美大受験予備校で国語や英語、現代文や小論文を指導していたころ、毎日のように生徒の小テストや作文を採点したり、授業中にノートを見回っていたりした私には一つ発見がありました。

「勉強の出来る子には2種類いる。粒ぞろいの綺麗な字を書く秀才と、本人にしか(本人にも)読めない謎の象形文字を書く天才の2種類が」。

字の綺麗な秀才タイプは、お手本をまねて紙上の空間のバランスを取りながら字を書くことができる。つまり『規範意識が強く、周りの秩序を重んじる』性格傾向があり、かつノートや答案を見る者(自分を含む)への強いプレゼン意識がある」、

いわゆる悪筆で、もじょもじょと謎の線を書きつける天才タイプは、溢れるアイデアに手や言葉が追いついていかない傾向がある。そもそもノート自体が、のちに人が見るための記録ではなく紙上で書きながらリアルタイムに思考するためのツール。つまり勉強は他人のためでなく、あくまでも自分のため。考えること自体が楽しいという脳の持ち主で、その延長上で勉強ができてしまう」。
【ネットユーザーの反応】
字が汚い俺は天才なのか

 確かに字はすごい汚いけど、頭がいいやついるよな

「天才→字が汚い」ってだけであって、「字が汚い→天才」ではないよね?

 字が汚いやつの9割はバカでしょ

 パソコンやスマホのせいでそもそも字を書かなくなってるから、あんまり関係ない気がする

c20a5838.png

詳しい内容や全文は『こちら

コメントを見る