5
引用元: http://gogotsu.com/archives/21560


・ピエリ守山より閑散としたショッピングセンターが話題に
・107店舗中1店舗のみ営業
・営業中の店も無人タマネギを販売している1店舗のみ

ピエリ守山より廃墟のショッピングセンターが話題 107店舗中営業してるのは無人タマネギ販売のみ | ゴゴ通信
滋賀県守山市にある『ピエリ守山』は数年前に、廃墟のようなショッピングモールとして話題になった。2008年に開業した『ピエリ守山』には200店舗の専門店が並ぶショッピングセンターだった。

そんな『ピエリ守山』のような閑散としたショッピングセンターが発見され話題になっている。それは『LCワールド本巣』という岐阜県本巣市にあるショッピングセンター。

■107店舗中、営業は無人の1店舗のみ

元は『真正リオワールドショッピングセンター』と呼ばれていたがロジコムへ売却後に今の名称に変更された。店舗数は107店舗で、敷地面積は100,000m²。1992年に開業したこのショッピングセンターはスーパーの1店舗のみが営業しており、そのスーパーも無人でタマネギを売っているだけ。たまねぎは100円で売られており、お金は客が会計箱にセルフで入れる仕組み。

これ以外の物は一切なく、このタマネギとトイレのためにこの巨大なショッピングセンターを営業していることになる。タマネギは売れている気配が無く、人の気配も全くない。

■アクセスが悪い

この『LCワールド本巣』は岐阜県本巣市にあるが、アクセスが非常に悪く電車で更にバスにのりそこから徒歩10分と掛かる。無料駐車場は6400台と車の客を狙っていたのだろうが、それでも客足は増えなかったと思われる。

【画像】
1

2

3

4

5

6

【ツイート】


【ネットユーザーの反応】
電気代だけ無駄な気がする

これだけの建物潰すのにも金かかるよな

これが田舎の末路か

世界一大きなタマネギ屋だなww

無人販売なら店閉めて外でやればいいのに

7
詳しい内容や全文は『こちら』