1
引用元:http://www.sankei.com/photo/story/news/160912/sty1609120001-n1.html
【路上感撮】「止まれ」がいっぱい  - 読んで見フォト - 産経フォト
群馬県の閑静な住宅街に、車だと「渋滞していないのに時間がかかる」という不思議な場所がある。地元の住民も、「なるべく使わない」と口をそろえる。真相を探るべく訪れてみると…。

現場は、埼玉県との県境付近に位置する群馬県大泉町役場近くの住宅街。車で通過すると、約400メートルの道路に13カ所もの十字路があり、それぞれに「止まれ」の道路標識が設置されている。

その数なんと14。20~30メートルおきに一時停止を繰り返すわけで、確かに時間がかかる。発進と停止を繰り返すのもおっくうだ。

道路沿いに約70年前から住む女性(88)によれば、標識が設置されたのは20~30年ほど前らしく、「『止まれ』がいっぱいあるから、車はあまり通らない」。「住んでいる人には危なくなくていい」と、安全な街づくりに一役買っているようだ。(写真報道局 桐原正道)

【画像】
2

3

4

【ネットユーザーの反応】
コラ画像じゃないのか

こんなのまともに止まるやついるの?

進むだけですごい時間かかりそう

この道を優先にしろよ