image
引用元:http://sirabee.com/2016/09/14/161415/
「好き」と公言したらドン引きされるアニメランキング!第1位は… – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!
■第10位:『ガールズ&パンツァー』(34票)
30人以上の少女が登場するこの作品。劇場版の興行収入は20億円以上を記録し大ヒット。映画の客層は95%が男性だったそうで、子供連れの家族をターゲットとした作品ではなさそうだ。

■第9位:『化物語』(42票)
萌え要素は控えめであり、女性のファンの獲得もそこそこ。会話主体で進行するストーリーということもあって、引かれるような要素はそれほどないようだ。

■第8位:『涼宮ハルヒの憂鬱』(43票)
放送当時、アニメのエンディングでキャラクターが踊るダンスが流行。ハルヒ全盛期は、まだオタク文化が今ほど社会に受け入れられていないこともあり、当時ならば引き具合はもう少し強めだったかもしれない。

■第6位:『中二病でも恋がしたい!』『らき☆すた』(44票)
そろそろヤバくなってくる第6位。『らき☆すた』でいえば、明らかに等身の低いキャラクターデザインが非ヲタからは「ロリコン」と勘違いされてるのかも。

■第5位:『To LOVEる』(48票)
過激な描写も多い『To LOVEる』。若い世代では、女性よりも男性からドン引きされている割合が高いようだ。男だから大丈夫だろうと安心して「好きだ」と公言するのは、危ないかも…?

■第4位:『カードキャプターさくら』(53票)
NHKで放送されていたこともあり、対象は完全に子供向け。そんな『CCさくら』を「好きだ!」といい年こいたおっさんが言っていたら、引いてしまうのも当然か…。

■第2位:『アイドルマスター』『けいおん!』(57票)
映画・ゲーム・歌などほとんどのジャンルで成功を収めた2作品だが、世間のすべての年代に受け入れられているわけではないようだ。

■第1位:『ラブライブ!』(84票)
一部の過激ファンがたびたび騒動を起こし悪いイメージが定着しているのか、それが本調査にも影響したのかもしれない。
【ネットユーザーの反応】
 人気アニメばっかり上位にくるな

プリキュアやアイカツがないぞ!

アニメの時点でドン引き

アイマスとけいおんが同率か