神奈川県民の意外とハードな生活 睡眠時間を削って長距離通勤、片道100分も当たり前(キャリコネニュース) - BLOGOS(ブロゴス)
image

キャリコネニュースでは10月1日、総務省発表の「社会生活基本調査からわかる47都道府県ランキング」をもとにした記事を掲載。睡眠時間が7時間31分で全国一短い一方で、通勤時間が1時間40分で全国一長い、という神奈川県の特殊な状況を取り上げた。
image
ネットで多数の反応があり、配信先のmixiニュースなどでは、「神奈川県民ヤバすぎる」という反応があった。 
image
「通勤時間が長く睡眠時間が短い神奈川県民とは自分の事かな?通勤時間は1時間30分から2時間かかる。なお、睡眠時間は7時間31分でなく5時間くらいだったりするが…」 「都心から秦野まで片道100分乗って、さらにそこからバスで団地とか、良くある話」 

相模原市在住だという人も「通勤時間は電車で1時間30分。車だと早朝で45分位。昼間で2時間30分位」と書く。そのためか睡眠時間は平均4時間ほどだという。 

神奈川県は高度経済成長期に、東京一極集中に伴って、ベッドタウンとしての宅地化が進み人口が増加。小田急、東急、京急などの私鉄が主導して沿線開発が行われた。東急田園都市線の梶ヶ谷駅-中央林間駅にあたる「多摩田園都市」が代表的だ。山を切り開いて宅地化された地域では、坂が多い。田園都市線沿線に住んでいた30代男性は、駅までバスで20分かけて通っていた。「家の近くには坂が多く、自転車を使うことも難しい」と語る。 

小田急線やJR東海道線のように、走行距離が長い路線では都心への通勤客で混雑しやすい。筆者は現在JR横浜線の矢部駅(相模原市)から東神奈川駅(横浜市)まで、約40分乗車しているが、途中12駅も停まる。停車駅が多いと降りる人と乗る人が入り交じり、人とぶつかることがあるほか、混雑した車内での立ちっぱなしでいることは、体力的にも精神的にも疲れ、通勤時間が余計に長く感じる。そこからさらに、京浜東北線に30分乗るので、毎朝大変だ。 

ネットではほかにも神奈川県民から嘆きの声が出ていた。 

「小田急も田都もオフィス街中心地の大手町から遠いんだよね、そのわりに家賃安くない。昔千葉から通ってる子が朝ドラ見てから出勤しても始業に間に合うって言うのにびっくりした事思い出した」 
「JR横浜駅から東京の通勤時間帯の列車に一度乗ってみてください。たぶん笑えます」 

引用元:http://lite.blogos.com/article/192819/
【ネットユーザーの反応】

だから事件起こすような乱暴な人間が多いのか

神奈川県は陸の孤島が多すぎるよな
孤島でも人口が多いから始末に負えない

情弱の住む場所
神奈川県

嫌なら会社の近くに住むなり、家の近くの学校にいくなりすればいいんじゃないすか

人生の無駄遣いw