「甘い清涼飲料水に20%以上の課税を」WHOが提言 | ハザードラボ
image

糖分が多い清涼飲料水に20%以上の課税をすることで、
肥満や糖尿病、虫歯などで苦しむ患者を減らせると、世界保健機関(WHO)が11日に報告書で提言した。

報告書によると、世界の総人口のうち、18歳以上の成人の39%にあたる5億人以上が肥満に分類され、
1980年から2014年までの34年間で、肥満と分類された人の有病率は倍増。
糖尿病患者の数は、1980年の1億800万人から、2014年には4倍近い4億2200万人に急増したとしている。

WHOのダグラス・ベッチャー医師は、「清涼飲料水や食品の摂りすぎが、子供や若者に肥満と糖尿病が増える要因のひとつ」だと指摘したうえで、
「糖分が多い飲み物に対して政府が20%以上の課税をすれば、摂取量が減少し、病気が減って社会医療費も削減できる」と提言している。
引用元:http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/7/17236.html
【ネットユーザーの反応】
嫌ああああ( ;∀;)!!!!

デブだけでいいじゃん。レジ前で肥満証見せてくださいとか言って。

デブは課税くらいじゃ治らないような...

巻き込まれる普通体型の人かわいそう

自販機で買うの小銭しんどくなりそう。