東日本は重力高めだった。地球上の重力を可視化した地図(オーストラリア研究) : カラパイア
image

地球上の物体を地球に引きつけようとする力、それが重力である。当たり前のように存在するので、夜ベッドに入って寝られるのも、歩いている時に地面に足がつくのも、家やビルを建てられるのも、重力が存在するからだということをうっかり忘れてしまう。この世界を結びつける力は目に見えないから余計だ。

 しかも、地球の重力を正確に計測することは驚くほど難しい。

 一般的な強さはわかっているが、位置によって地球が物体を引き寄せる力は大きく変わる。地球の重力のもっとも詳細な地図のひとつは、カーティン大学の西オーストラリア測地学グループが作成したものだ。

image


 アジアの地図では日本が不鮮明なので上記の世界地図から拡大してみると、東日本の太平洋側が特に重力が高いことがわかる。

引用元:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52226555.html
【ネットユーザーの反応】
よかった… 体重計のメモリがおかしいのは重力のせいだったんだ… モグモグ

高重力地帯ってカッコいいな

青いところでオリンピックやれば種目によっては世界記録出やすそうね

見事に造山帯と一致してますな 高密度の地下構造があると重力が強くなるそうなので、プレートの衝突で造山活動がある場所が高重力になるのは納得できる