「どこでもドア」全国初の稼働へ 三浦海岸駅で実証実験 京急 | 乗りものニュース
image

 京急電鉄は2016年10月14日(金)、マルチドア対応ホームドア「どこでもドア」の実証実験を、10月24日(月)から三浦海岸駅(神奈川県三浦市)で1年間実施すると発表しました。

image

「どこでもドア」は、ドアの数や位置が違う車両が走る路線に対応するホームドアとして、三菱重工交通機器エンジニアリングが開発中のもの。車両によってドアの数や位置が異なると導入が難しいという、ホームドアの課題を解消するねらいがあります。

 また、「地上完結型連携システム」を採用することにより、車両を改修することなく、車両のドアとホームドア開閉の連携を可能にしています。「どこでもドア」が実際の営業路線で稼働するのは、今回が全国で初めてです。
引用元:http://trafficnews.jp/post/58387/
【ネットユーザーの反応】
違う、これじゃない。

(・д・)チッ

虚構新聞かと思った

がっかり

F先生が商標取らなかったからこんな事に…

一方、パナソニックは「どこでもドアホン」という商品を出している。 
だが、CMキャラクターは何を間違えたか、
ドラえもんではなく、笑ゥせぇるすまんの喪黒福造だった。 

乗った電車は3本に1本の割合で、しずかちゃん家のお風呂に向かいます。



コメントを見る