「Cカップ以上」の日本人女性が7割超え Aカップはわずか5.3%に
11

【記事内容】

1980年度は、Aカップが
全体の58.6%
を占めていたが、
1992年度にはBカップがAカップ
を上回った


その後Bカップは15年以上に
わたりトップの座に君臨してきたが、
2008年度にはCカップにその座を
奪われ、以来2014年度までCカップ
がトップの座を守り続けている


しかも、Cカップも、振り返ると
Dカップがすぐ後ろに迫って
きているのが現状
だ。

2014年度のカップサイズ
別売り上げの順位は...

Cカップ(26.3%)

Dカップ(24.1%)


Bカップ(20.5%)

Eカップ(16.2%)


Fカップ(6.0%)

Aカップ(5.3%)


AカップはFカップにも
抜かれて最下位
に落ちた。

次世代のトップ候補と目される
DカップとEカップ連合は、2000年度
には24.6%
だったが、2014年度は
40.3%
を占めるに至った。

また、驚くことに66%の男が理想
とするCカップ以上は全体の70%を
超え、男の理想をかなえるのに十分
なもの
になっている。
【ネットユーザーの反応】
つまり日本は巨乳大国...!?

意外とCカップって多いんだな


うおおおおおおおおお!!!!


ロリコンの俺には関係にないさ...


おおおお!逆に貧乳は減っているのか



【関連記事】
※画像をタップすると記事が見れます

【速報】小学生の胸が
『年々大きくなっている』
事が判明!


b906a568-s

【関連動画】