ディズニー『くまのプーさん』実写映画化!ゾンビ映画『ワールド・ウォー Z』監督がメガホン - シネマトゥデイ
image

ディズニー『くまのプーさん』の実写映画化が決定

監督を務めるのはゾンビ映画『ワールド・ウォー Z』でメガホンを取った監督。「ピーター・パン」誕生の物語を描いた『ネバーランド』なども手がけている

実写版タイトルは『クリストファー・ロビン』で、その名の通りプーさんの友達、クリストファー・ロビン視点の物語となる

想像力豊かな少年だったクリストファーも今や妻や娘より仕事を優先させるビジネスマンとなり、家庭は崩壊の危機に。

クリストファーには再びプーが必要で、プーも彼の助けを必要としていた……。全てを失う前に互いを救う道を見つけようとするクリストファーのエモーショナルな旅が、心温まるアドベンチャーと共に描かれることになるという。
引用元:http://www.cinematoday.jp/page/N0087694


【主人公の男の子と監督がこちら】

image
【ネットユーザーの反応】
プニキ実写化するらしいんだけど、監督がゾンビ映画撮ってた人ってことはそういうことでいいんだろうか?

ええ………

ハチミツキめたプーさんが、バットでゾンビなぎ倒すんだろ。

ん?つまりはバットが大活躍ってことかな…?

理想の息子みたいな少年だったのにGTOに出てきそうな嫌な大人になっててつらい

【関連動画】