温泉につかりながらジェットコースターに乗れる!?〜「遊園地」ならぬ「湯~園地」計画を別府市長が発表!|大分県別府市のプレスリリース
image

人が入れる温泉として世界一の湧出量(*2)を誇る大分県別府市では、この度温泉都市別府の魅力を国内外にむけて幅広く発信すべく、新たな市のビジョンとして“遊べる温泉都市構想”を策定。実現にむけた取り組みの第一弾として、「遊園地」ならぬ「湯〜園地」計画を別府市内で開催中のイベントONSENアカデミアにて発表、同日公約ムービーをWeb上にて公開致しました。 本ムービーは“遊べる温泉都市”構想のコンセプトそのままに温泉と遊園地を融合させ、温泉につかりながら楽しめるアミューズメント施設「湯〜園地」を描いたものです。なお、本ムービはYouTubeでの再生回数が100万回を達成した場合、実際に別府市内で「湯〜園地」計画を実行するという、世界初の“再生数連動型公約ムービー”となります。
*1:当市調べ
*2:総湧出量1位のイエローストーン国立公園は人の入浴不可のため、人が入れる温泉としては世界一

■世界一の温泉湧出量、別府市ならではの“遊べる温泉都市構想”
別府市は、湧出量 83,058 L/m(*3)と世界一の温泉湧出量を誇る別府温泉郷を擁しています。今回新たに発表した“遊べる温泉都市”構想は、この別府市ならではの豊富な湯量を活かした温泉の新たな楽しみ方を開発できないかと模索する中で生まれました。豊かな温泉こそが人々の心をワクワクさせる新しいエンタテイメントが生まれる場所になるという考えのもと、別府市=世界一の温泉都市として、温泉を活用した新たな“遊び場”を生み出し、世界に向けて発信してゆくこと目的としています。
*3:「温泉統計ベスト10」(『温泉』通巻859号、一般財団法人日本温泉協会、2014年)より。毎分83058リットルの湧出


■前代未聞のspamusement park「湯〜園地」が別府市に誕生!?
この都市構想実現にむけた第一弾プロジェクトが「湯〜園地」計画です。遊べる温泉都市のコンセプトを象徴する存在として、世界一湯量が豊富な別府の温泉とアミューズメントを一体化させた、前代未聞の「湯〜園地」の実現を目指します。温泉につかりながら楽しめるジェットコースターや、あたかも家族風呂のようなあたたかさを持つ観覧車、または市内路上での温泉を使ったアトラクション実施等を検討。今回公開するムービーは全世界にむけてコンセプトを発信するとともに、その再生数をプロジェクトへの賛同とみなし、100万再生を達成した際には、実際に別府市内において「湯〜園地」実現を公約するものです。


■全世界にむけて発信し、「湯〜園地」実現に向けたスペシャルタスクフォースを結成
本ムービーは2016年11月21日より別府市内で開催されている温泉文化発信イベント「ONSENアカデミア」にて上映するとともに、同日よりYouTubeを通じて全世界にむけて公開、プロモーションを展開して参ります。100万再生達成時には、速やかに「湯〜園地」実現にむけて詳細計画を策定するとともに、別府市長直轄のスペシャルタスクフォースを結成。速やかに「湯〜園地」の実現を目指します。
引用元:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000022651.html


【動画】


image

image

image

image

image

image

image

image

【ネットユーザーの反応】
ぶっ飛んでる...

おもろい! こんな遊び心のある企画いっぱいでてこんと経済元気にならんよな

あーん!? 頭湧いてるのか?バブル脳なのか?

ぜひとも実現して欲しいw

あの格好でウロウロはしたくないけど湯〜〜園地の響きいいね。できたら遊びに行ってるわ。

【関連動画】