日本人の死因5位「入浴中の溺死」 やってはいけない入浴法 | ニコニコニュース
image

厚生労働省の研究班が入浴中の事故死の数を推計したところ、年間約1万9000人。そのうち約5割が12月から2月にかけて発生

リスクが高いのは「かけ湯」をせず、いきなりお湯に入ってしまうこと

「長湯」もリスクを増やす。発汗で体内の水分量が減り血液が濃くなると、血管の詰まりも起きやすくなる。

「急に立ち上がる」のはNG。脳に供給される血液が減り、起立性低血圧を引き起こしてめまいや意識の喪失(失神)が起こる。
引用元:http://news.nicovideo.jp/watch/nw2507436
【ネットユーザーの反応】
風呂って思ってたよりずっと怖いんだな

湯船から出た直後低血圧起こして吐きそうになったり失神しそうになった時、しゃがむと少しだけ体調が楽になるよね

長湯は入浴前後に十分な水分補給をするか、もしくは浴室に飲み物を持ち込むのが本来のやり方

入浴中の溺死が5位とか、いかに日本が安全かつ高齢化が進んでいるかということだな

肺炎で死ぬのが一位らしい・・・ただ、肺炎で死ぬのが一番気持ちよく死ねるらしいと聞いたのだが、本当なのか?

【関連動画】