通勤時間が長いと離婚率が高まる事が判明…

人気記事
45分以上かけて通勤していると離婚率が40%高まる:研究結果 | ライフハッカー[日本版]
image

とある研究によると、夫婦のうちどちらかが45分以上かけて通勤していると、離婚率が40%高まることがわかっている

ただし、すでに45分以上の通勤を5年以上続けている場合は、通勤時間が短い夫婦の離婚率と1%程度の差。数々の現実的・感情的な問題をすでに乗り越えてきたからだろう

2人が付き合う前から長時間通勤をしている場合、付き合ってから長時間通勤を始めた場合よりも離婚率が低いこともわかりました。

引用元:http://www.lifehacker.jp/2016/12/161203_commuting_divorce1.html
【ネットユーザーの反応】
アメリカの話だから、日本だともう少し長時間だとは思うけれど。

相方の勤務先が移転し彼の通勤時間が片道2時間近くになったことあり。激務もありあっという間に夫婦仲険悪になりましたよ(^_^;)。引っ越して解決♪

じゃー単身赴任や、姑問題や、ご近所問題は

渋滞無くても45分掛かるなぁ

毎日40%バフかかってるようです俺。

【関連動画】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 次世代の名無しさん 返信

    確かに草

    2016年12月05日(月) 18:21 8f1c5d61a

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)